頑張る君を支えたい。日本経済新聞育英奨学会 頑張る君を支えたい。日本経済新聞育英奨学会 頑張る君を支えたい。日本経済新聞育英奨学会
給与と待遇
奨学金
奨学生の一日
入会予約
保護者の方へ
Twitter
日経育英奨学制度が選ばれるポイント

先輩からのメッセージロゴ

高橋 泰史

NSN武蔵小山
立正大学 文学部 史学科

努力が将来につながると信じて

今年は大学3年生だから、ゼミの卒論作成に向け、勉強に仕事にますます忙しくなりそう。まだ将来の夢は決まっていないけれど、先輩として他の奨学生をまとめる役割を果たしたり、いかにミスなく効率よく仕事できるかを考えたりと、新聞奨学生として得た経験は将来必ず役立つはず。

舩越 咲

NSN羽田
日本工学院専門学校 声優・演劇科

自分の力で将来の道を切り開く

演劇で子どもたちを救いたいという夢を叶える為、自分で決めた道だから責任もって自分の力で学びたいと考え、新聞奨学生という道を選んだ。 新聞奨学生の仕事を通じて知り合った人や経験を通して知った色んな感情は、将来の演技にも絶対生きてくると思うんだ。

小川 紅弥

NSN虎ノ門
東洋大学 経営学部 経営学科(イブニングコース)

学生生活を充実したものにできるかは自分次第

新聞奨学生は他の学生さんと比べて仕事がある分、自由な時間が少ないかもしれません。私も初めは時間が無いと悲しくなったこともありました。けれども今では、休みの日には学校の友達と遊びに行ったり、仕事の空き時間に勉強したりと時間の使い方がうまくなった気がします。要は自分次第。新聞奨学生でも十分に学生ライフを楽しめるよ。

柿内 慧太

NSN鷺ノ宮
総合学園ヒューマンアカデミー パフォーミングカレッジ

お店の仲間がいるから頑張れる!

社員さんパートさん、そして奨学生の仲間たち!お店の方との関係性は仕事の励みになる。特に所長さんは僕にとって兄貴的存在で何でも話せる間柄!学校のことを考えてシフトを調整してくれたり、いつも気を遣ってくれるから、そんな所長さんを悲しませちゃいけないと、仕事を頑張る原動力になってるんだ。

日経育英奨学制度についてのご質問、お問い合わせはこちら

0120-00-5725

携帯・PHS OK受付時間 月曜日~土曜日9:30~17:30(日祝祭日・年末年始休業)

お問い合わせメールフォーム 説明会 資料請求 2日~3日でお届け!
関連サイト(外部リンク)
体育進学センター 国立音楽院
PAGETOPPAGETOP