頑張る君を支えたい。日本経済新聞育英奨学会 頑張る君を支えたい。日本経済新聞育英奨学会 頑張る君を支えたい。日本経済新聞育英奨学会
給与と待遇
奨学金
奨学生の一日
入会予約
保護者の方へ
Twitter
日経育英奨学制度が選ばれるポイント

先輩からのメッセージロゴ

栗山 俊亮

NSN大岡山
立正大学 法学部 法学科

やりたいことがあるから新聞奨学生を選んだ。

教師になるという夢を叶えるために新聞奨学生を選んだ。だから、学校と仕事の両立は大変だけど続けられる。3年経つと仕事も生活の一部になった。

長谷川 駿太郎

NSN恵比寿
国立音楽院 ウィンドオーケストラ科

ありがとうの一言で元気になれる。

読者の方との何気ないコミュニケーションがうれしい。自分の仕事は誰かが必ず見てくれている。配達の時に読者の方に言われた「ありがとう」という何気ない言葉が何よりもうれしい。

谷口 まこ

NSN白山
法政大学 文学部 日本文学科

奨学生としての経験が自信になって、将来にもつながると思うんだ。

他の学生と比べて時間の上で制約はあるけれど、社会人としての責任が芽生えたり、学外の先輩と知り合えたりと、新聞奨学生でなければできない経験もたくさんできた。そんな経験が自信になって、将来にもつながると思うんだ。

角田 絵理菜

NSN練馬
代々木アニメーション学院 声優タレントコース

NSNは第二の我が家

新聞奨学生を始める前はインターネット上にネガティブな書き込みが多くて心配していたけど、周りの人が優しくて実情は全然違っていた。今ではNSNは第二の我が家。春には後輩たちが入ってくるから、今度は私が相談に乗れるようにならなきゃって思ってる。

日経育英奨学制度についてのご質問、お問い合わせはこちら

0120-00-5725

携帯・PHS OK受付時間 月曜日~土曜日9:30~17:30(日祝祭日・年末年始休業)

お問い合わせメールフォーム 説明会 資料請求 2日~3日でお届け!
関連サイト(外部リンク)
体育進学センター 国立音楽院
PAGETOPPAGETOP