日本経済新聞専売店

NSN神田

専売店情報

NSN神田

所長田中 幸博
住所〒101-0021 東京都千代田区外神田6−7−6
Tel03-3835-0992 (フリーダイヤル 0120-211-412)
Fax03-3836-0941
メールアドレスkanda@nikkei-ns.com

トピックス

NSN神田は日経の華

NSN神田は神田・秋葉原を主なテリトリーとしています。

神田といえば、江戸開幕当初から賑わった街で、歴史にしろ、経済にしろ、神田なくして現在の国を語ることはできません。 5月には、江戸三大祭のひとつ神田祭が賑々しく催されます。希望すればお神輿もかつげますよ。 「鍛冶町」「佐久間河岸」「須田町」「岩本町」などのテレビの時代劇でお馴染みの地名はNSN神田のテリトリーにぎっしり詰まってます。そうです。神田は江戸の華なのです。

秋葉原といえば、旧くは中央青果市場、現在はその跡地の再開発が話題の焦点となっており、何と言ってもあの電気街で世界的に有名ですよね。 海外から日本に来る人にとって一番行きたい所は今では奈良や京都や富士山ではなく秋葉原だと言われています。リドリー・スコットの代表作「ブレード・ランナー」で描かれている近未来のロサンゼルスの街は秋葉原がそのモチーフになっているそうです。ちょっと出歩けば、海外映画のロケの現場に度々出くわします。 秋葉原は日本で一番有名な街と言っても過言ではないでしょう。

NSN神田のスタッフにとって、このような場所で働くことは仕事ばかりでなく、日常生活にとっても大いに意義のあることなのです。奨学生の学生諸君にとってもここでの経験はきっと将来の役に立つでしょう。

仕事と勉学の両立

配達の部数、種類共に多いのが難点といえば難点ですが、比較的狭いエリアに読者が集中しているので、馴れれば問題ありません。 奨学生には集金業務を課していませんが、希望すればそれに応ずる準備はあります。

店舗の立地上、数々の誘惑も多く、特に奨学生諸氏にとっては仕事と勉学の両立が問題となりますが、勉強に必要な時間は十分に確保できます。過去には国立大学医学部に合格した人や、司法試験に突破した人もいます。

やる気のある人を全面的に応援するのがNSN神田の伝統です。