先輩からのメッセージロゴ

 
川原 捷

集金なしで4週6休だから勉強と両立しやすい。

川原 捷

NSN本郷
東洋大学 国際地域学部 国際地域学科
岩手県・北上翔南高等学校出身

僕の故郷は岩手県北上市。高3のときに東日本大震災があって、幸い実家は被害を免れたんだけど、先生や友だち、近所の方々などと、お互いに助け合って、人と人とのつながりの大切さを実感できたんだ。
その思いは、奨学生になってますます強くなっている。
たまたま玄関から出てこられたお客さまに新聞を手渡しすると「毎日、ご苦労さま」と声をかけてくださる。
その一言でお客さまとつながれる。ささいなことだけど、それが、ものすごくうれしいんだよね。
僕が「日経」にしたのは、集金なしで4週6休が一番の決め手。勉強と両立しやすい環境が整っているからね。
成長したいと思って奨学生になり1年が過ぎたわけだけど、社会人と接する機会が多く、社会に出る前の準備ができたと思う。
何事も途中で投げ出さない強い力が身につくことは保証できるから、迷っているなら決断しよう!

伊藤 由佳

就職活動の面接では奨学生の経験をアピール!

伊藤 由佳

NSN下北沢
高千穂大学 商学部 会計コース
静岡県・富士宮東高等学校出身

私はどうしても大学に進学したくて、だったら自立するしかないと思っていたのね。
そうしたら、父親が新聞奨学生という制度があることを教えてくれたの。
各社のパンフレットを読み比べて、集金がないことと女の子が多いので、「日経」に決めたの。
私には、ある会社で接客の仕事をしている大学の先輩がいてね。その人がキラキラと輝いていて素敵なの。
その姿を見て、私も接客の仕事をしようと、いま就活中。人事の方が「奨学生の経験は他の人にはない強い力をもつ」と言ってくださったので、面接では「何事もあきらめないで継続する忍耐力がそなわった」ことを積極的にアピールしているの。
奨学生の経験はふつうの学生にはない精神力が身につく。それは将来の夢につながる強みだと思う。

阿部 将

時間がないからこそ、集中力が身につく!

阿部 将

NSN中野
東京アナウンス学院 演技科
北海道・私立室蘭大谷高等学校出身

僕の夢は役者になること。子どものころから「仮面ライダー」が大好きで、いつか自分も演じたいと思っているんだ。
高3の進路を決める時に親に反対されて、進路指導の先生に相談したところ、「だったらこれを利用したらいい。やる気があるのなら。」
とすすめてくださったのが「日経」の奨学制度。
仕事と両立しながら学校のオーディションに合格して、チョイ役だけど、映画やテレビにも出演させてもらったり。
ある番組では、なんと超アップで僕の顔が!母さんや見ててくれた友だちからも「お前、スゲエじゃん!」って次々と連絡がきたんだ。
実家に帰ったときに、高校の進路指導の先生から言われたんだ。「卒業してから一番辛いことをがんばっているのは阿部くんだね!」ってね。
奨学生は時間がないからこそ、集中力が身につく。NSNで一緒にがんばろう!

日経育英奨学制度についてのご質問、お問い合わせはこちら

0120-00-5725

携帯・PHS OK受付時間 月曜日~土曜日9:30~17:30(日祝祭日・年末年始休業)

お問い合わせメールフォーム 説明会事前予約 資料請求 2日~3日でお届け!
PAGETOPPAGETOP