先輩からのメッセージロゴ

 
佐藤 純也

自立しようと考えていて、勉強したいという気持ちがあるんだったら、奨学制度を利用するのが一番いい!

佐藤 純也

NSN浜町
東洋大学 文学部日本文学文化学科(2部)
福島県・好間高等学校出身

進路に悩んでいたとき、高校の担任に相談したところ、教えられたのが新聞奨学制度。
「目的もなく大学に進学しても、4年間をだらだら過ごすだけ」。以前から父親に言われていて、自分でも高校を卒業したら就職するつもりだったんだけど、卒業をひかえるにつれ次第に演劇を基礎から学びたいという気持ちが強くなったんだ。自分は追いつめられたほうが、がんばれるタイプなので、充実した4年間を過ごせるんじゃないかと考えて、奨学生になろうと決めた。
奨学生は自分の時間が少ないからこそ、時間の使い方が上手になる。
勉強したいことがあるのに、経済的な理由から進学を迷っているのなら、奨学生になったほうがいいと思う。

和田 舞子

人を見る目、物事を見る目がきたえられる。
仕事のなかで学べることもたくさんある。

和田 舞子

NSN駒沢
バンタンゲームアカデミー マンガクリエイター専攻
神奈川県・希望ケ丘高等学校出身

私は親に迷惑をかけたくなかったので、自分の力で仕事をしながら学べる道を探していたとき、学校から奨学制度を紹介されたの。
完全個室で4週6休、勉強にも集中できると思って日経に決めたの。
私は物心ついたときから、絵を描くことが好きで、小学校のときに本当に尊敬できるマンガ家さんを見つけて、自分もこんなふうに人の心をふるわせる作品が描きたいと思って学校に通っているんだけれど、マンガを描くうえでも、人との出会いは大切。話したことはもちろん、その人の雰囲気を丸ごと感じること。
奨学生になって、人を見る目、物事を見る目がきたえられたと思う。学校だけでなく、仕事のなかでも学べることはたくさんある。
迷っている時間ももったいない。考えるより、行動すること。ただし、どんなにつらくても途中で投げ出さないでほしい。
最後までやりとげたら、絶対成長につながるから!

山内 亮

これまで生きてきたなかで奨学生の生活は
一番すばらしい経験!

山内 亮

NSN大森
日本工学院専門学校 プロダクトデザイン科
秋田県・横手高等学校出身

高校を卒業したら自立しようと考えていて、それでもまだ勉強したいという気持ちがあるんだったら、奨学制度を利用するのが一番いいと思う。
僕は高校のころから経済に興味があり、日経新聞を読んでいたこともあって、迷わず日経に。
実際に配達をしてみて、仲間や先輩、店長、社員さんたちだけでなく、お客さんにも支えられていると感じることが多い。
例えば真冬の朝に「毎日がんばっているね。風邪をひかないように気をつけて」と声をかけていただくと、涙が出そうになる。
いろいろな方とふれあうことは、将来のための貴重な体験になると思う。
これまで生きてきたなかで、奨学生の生活は一番すばらしい経験だと僕自身思っているので、ぜひ後に続いてきてほしいな。
そしてもし同じNSNに入店したら、きっといい先輩になれると思うから、ぜひとも気軽に声をかけてくださいね。

日経育英奨学制度についてのご質問、お問い合わせはこちら

0120-00-5725

携帯・PHS OK受付時間 月曜日~土曜日9:30~17:30(日祝祭日・年末年始休業)

お問い合わせメールフォーム 説明会事前予約 資料請求 2日~3日でお届け!
PAGETOPPAGETOP