先輩からのメッセージロゴ

 
坂内 静織

仕事と勉強を両立させるコツは
自分が好きなことを学ぶこと!!

坂内 静織

NSN世田谷
東京ゲームデザイナー学院 ゲームクリエイター科
新潟県立三条高等学校出身

私は進学で親に負担をかけたくないと思って、高校1年から新聞奨学生になろうと決めてたの。それで高校2年の時に各社のパンフレットを集めて集金が無いのと個室が完備していることから日経に決めたの。
体力には自信があったけど、仕事を覚えたり生活のリズムを身につけたりするのが最初は大変だったな。そんな時に先輩や社員さんがやさしくフォローしてくれて、今ではスムーズにできるようになったの。
新聞奨学生になって時間の使い方がうまくなったり、友達も多くでき、自分も社交的になったりとプラスになることがいっぱいあって、最初の不安はなくなったよ。
今は目標のCGクリエイターになる為に勉強中。
仕事と勉強を両立させる最強のコツは自分が好きなことを学ぶこと!!

川本 眞実

仕事と勉強の両立で一回り大きな人間に
成長できたんじゃないかな

川本 眞実

NSN巣鴨
東洋大学社会学部社会学科
千葉県立柏中央高等学校出身

奨学生になったのは親に負担をかけたくなかったから。それに親戚も新聞奨学生を経験していて、日経を勧められてきめたんだ。
仕事を始めた時はきつかったけど、しだいに心身ともに自信がついてきて、一回り大きな人間に成長できたんじゃないかと思っている。
NSNにはいろんな価値観を持っている人がいるからとても刺激になり、仲間たちにもまれているうちに成長を実感できる。
僕たちと一緒に頑張ろう!!

吉泉 貴恵

みなさんも夢を実現できるよう頑張ろう!!

吉泉 貴恵

NSN田町
音響芸術専門学校 録音・PA技術科
山形県立酒田東高等学校出身

私は高校を卒業して一度社会を経験しているの。そこからやりたい事が見つかって新たに専門学校に自立していこうと思って新聞奨学生に応募したの。
「つらそう・死ぬ気で頑張る」と決死の覚悟をして入会したけど、それほどでもなくて、女の子でも3ヶ月くらいたつとなれるよ。
不安に感じる人もいるかもしれないけど、体力は自然につくから心配はいらない、これはわたしたちの経験から保証できる!!
わたしが目指している仕事は特殊で人数も少ないけど奨学生の経験を生かして絶対実現させる!みなさんも夢を実現できるよう頑張ろう!!

日経育英奨学制度についてのご質問、お問い合わせはこちら

0120-00-5725

携帯・PHS OK受付時間 月曜日~土曜日9:30~17:30(日祝祭日・年末年始休業)

お問い合わせメールフォーム 説明会事前予約 資料請求 2日~3日でお届け!
PAGETOPPAGETOP